貧乏暇なしB型ブログ

役に立ちそうなことを気の向くまま

ふるさと納税の趣旨って?

 最近、泉佐野市のふるさと納税に対する取り組みがふるさと納税創設の趣旨から外れていると問題になっていますね。今回はふるさと納税を利用する立場から、ふるさと納税に対する個人的な考えをまとめたいと思います。

 

 まず、ふるさと納税というネーミングに問題があるんではないでしょうか。名は体を表すと言われるので、社会的に混乱してしまっているようです。ふるさとへの納税はあくまで建前で、その本質は人員が減り予算を消化仕切れなくなった地方自治体の税収=お金=血液を自動循環させるシステムだと私は理解しています。このシステムを考えた人はスゴイですねー。流石は国家の先百年を考える人はモノが違います。

 納税は国民の義務と言われますが、ふるさと納税ほど納得しやすい税金システムを私は他に知りません。

 

 行政の役割を富の再分配と定義すると、ほとんど無意味なハコモノと言われる公共施設の建設に税金を投入し、地元の土木・建築企業を延命させるよりも、納税者自身が自治体職員の代わりに将来必要とされる企業(魅力的な返礼品を用意出来る企業、返礼品を配送する企業、Amazonに取扱いがある企業など)に富を再分配した方が合理的では?これだけグローバル化が進んだ社会で地場産業とは?

 

 少し古いですが豊洲市場の問題もある意味、余りある税収を使い切る為に首長自ら率先して行動したとすると、前任者よりも遥かに有能であると言えますね。文字通り桁が違います。

 ただ、選挙で選ばれた首長であっても、自治体職員が税金の使い道を決めると合理的でなくなる事が多いように見受けられます。

 

 泉佐野市は行動した事にもう少し称賛されるべきではないでしょうか。少なくとも問題提起にはなったと思いますが。どの世界でも行動しない人にはスポットライトすら当たりません。

 他の自治体から総務省にクレームがあるのか分かりませんが、さのちょくという直営サイトを用意するなんて(流石にサイト製作は委託したと思いますが)、予算消化というルーチンワークで手一杯の他の自治体にはとても真似出来ないのではないでしょうか。

 泉佐野市への実際の実入りは非常に少ないかもしれませんが、集めたお金が見栄えだけのハコモノにならないことをお祈りしておきます。住民税の減税とかいかがでしょうか。市長へのパッシング凄そう(笑)。




YoBitで仮想通貨を貸付てみた

 以前に仮想通貨のマイニングについて紹介しました。あれから約一年間で溜まったビットコインを更に増やすためにレンディング(貸付)をしてみました。

 国内取引所のビットバンク(bitbank)等もレンディングを行っていますが、最低貸付数量が1BTC(約40万円〜)と高額なこともあり利用出来ません。

 そこで、最低貸付数量が0.00001BTC(約4円)〜と少額から貸付が可能なだけでなく、利息が月利0.1%(年利約1.2%)と円定期預金とは比較にならないほど良い海外の取引所であるYoBitを利用してみました。

 ちなみにYoBitと同じくレンディングが出来るPoloniexという海外の取引所がありますが、取引を可能にする認証にパスポートが必要ということで諦めました。

 

1.YoBitのアカウント作成

 まずは下記サイトでYoBitのアカウントを作成します。

 アカウント作成し、二段階認証の設定を行ったら、Wallets→BTC→Depositで表示される入金先となるビットコイン口座を確認します。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190211155426j:image

↓余ってるビットコインの寄付大歓迎です(笑)
BTC Address:15HKxVouPpvVqdYehQynu8ru79z8yQfqvi

 

 

2.nichhashから出金

 作成したYoBitのビットコイン口座へnicehachから出金します。Wallet→Withdrawより先程確認したアドレスに出金指示をします。すると、画面上は出金指示の確定待ちの状態になり、「Confirmation codeを記載したメールを送った」と表示され、下記のようなメールが送られてきます。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190211164915j:image

 上記の code と、Google Authenticatorによる2段階認証を入力すると出金指示が承認され、下記のようなメールが届きます。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190211165320j:image

なお、出金は1日1回 日本時間19時~20時の間に行われますので、気長に待ちましょう。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190201071519j:image

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190212122539j:image

 

 

3.YoBitで貸し付ける

 ビットコインがYoBitに入金されたら、InvestBoxで貸し付けるだけです。仮想通貨が増えるの(ついでに価値も)を気長に待ちましょう。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190202225857j:image

 50BTC(2000万円)を貸し付けると、利息が週利15%に跳ね上がります(笑)!

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190202230255j:image

 

 

番外編.FreeCoinsで仮想通貨を貰う

 毎日ETCを0.01(約4.5円)貰うことが出来ます。その他にもアルトコインと呼ばれる仮想通貨も配布しています。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190211210302j:image

 

nanacoギフト自動登録マクロ(VBScript)

 nanacoをオトクにチャージする方法としてベネフィットステーションのnanacoギフトを購入する方法があったのですが、nanacoギフトの登録が非常に煩わしくて今まで敬遠していました。

 その理由は購入したnanacoギフトのギフト登録用のコードが10万円なら1000円分×100個届くためです(笑)。さらにURLを上から順番にクリックするだけでは登録できず、毎回「nanaco番号」と「カード記載の番号or会員メニュー用パスワード」によるログインが必要となリます。

 そこで今回はdett様が公開されているnanacoギフトの自動登録を実践してみました。これによりnanacoの支払いが常時2%オフになるだけでなく、アマゾンでの買い物もベネフィット割引率 + アマゾン公式のポイント還元率が合計還元率になり、最大で2.0 + 2.5 = 4.5 %の還元率となります。
 それではその方法を順を追って説明します。

 

 

1.ベネフィットステーションでnanacoギフト券を購入する

 とりあえず練習に5万円分購入しました。指定口座に銀行振込をすると下の画像のようなメールが送られてきました。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190118080802j:image

 

2.メールで送られてきた登録URLを編集し、inputText.txtを作成する

 いろいろな方法があると思いますが私は下記の方法で作成しました。

メール本文をすべて選択→コピー→エクセルシートに貼り付け→並べ替え→不必要な部分を削除→エクセルシートをすべて選択→コピー→inputText.txtに貼り付け→デスクトップに保存

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190118074949j:image

 

3.InternetExplorerのポップアップを許可する

  ツール→インターネットオプション→プライバシー→ポップアップブロック→設定から「www.nanaco-net.jp」を追加します。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190119080704p:plain

 

 

4.nanaco.vbs(VBScript)を編集・実行する

 dett様の公開して頂いているマクロを自分用にカスタマイズ(右クリック→編集)して、nanacoモバイルにログインするように編集しました。

6行目  :◎にPCのユーザー名を入力
28行目:☆にnanaco番号を入力
32行目:★に会員メニュー用パスワードを入力

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190118074932j:image

https://www.amazon.co.jp/clouddrive/share/WnlGIPsCtmTSKC0I5fMQrcnyisf5lFW8OK5EgcFo8E9

 

翌々日にはセンターお預り分として反映されました!
f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190117071919j:image

 

これからもアマゾン段ボールが貯まりそうです!