貧乏暇なしB型ブログ

役に立ちそうなことを気の向くまま

dヘルスケアでdポイントをゲット!

 無料で利用できるドコモのdヘルスケアを試してみたところ、意外とポイントが貯まる事が分かりました。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20181109095103j:image

 

 歩いてオトクが値上げしたこともあり、日々の生活でもらえるポイントが減っていたのですが、SmartWAON+RenoBody(無料)とポイントタウン(無料)を併用することで、100円/月程度になりそうですね。


f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20181112220009j:image

通話料金削減してみた

 今までドコモのカケホーダイライトプランを使っていたのですが、5分を超える発信がたまにある事や通話時間はそれほど多くない事がわかり、通話料金の削減のためにやったことをまとめました。

 

1.携帯電話での通話 → 楽天でんわの利用

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20181023203906p:plain

ドコモのカケホーダイライトプランからシンプルプランに変更する。

   カケホーダイライトプラン:1700円
   5分以内:無料
   5分超過分:20円/30秒

      ↓

   シンプルプラン:980円
   楽天でんわ:月額基本料0円 10円/30秒
   電話回線のため通話品質○、データ不使用

月に720円(36分)の通話をしないようであれば通話料金を節約出来ます。

 

2.固定電話(IP電話)の設置 → SMARTalk

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20181023203931j:plain

SMARTalk:月額基本料0円 8円/30秒

 こちらも楽天のサービスです。自宅での固定電話代わりに使わなくなったスマホタブレットを利用し、IP電話の番号を取得しました。自宅がwifi回線なら音質も良く、問題はありません。

 利用方法は基本的に待ち受け。アンケート等のどうでもいい電話番号を記入する必要があるときに使用したいと思います。

 また、複数端末での発信利用も可能です(着信は一台のみ)。

 

番外編.携帯電話でのラインアウトの利用

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20181026222151p:plain

良い点

楽天でんわ等と比べ固定電話・携帯電話への料金が安い

固定電話3円/分 携帯電話14円/分

無料通話あり

固定電話3 分/回 携帯電話1 分/回

 

悪い点

料金前払い(googlepayによる支払可能)

コールクレジットの有効期限180日

コールクレジットはLINEコインでも購入可能(1LINEコイン = 2コールクレジット)

広告表示と通話にデータを使用する

仕組み(支払い・利用方法)が煩雑

相手先へ発信番号の通知が出来ない(非通知になる)

 

データ量に余裕がある時や固定電話への短時間の電話には良さそうです。

モバイル決済~まとめ~

 最近モバイル決済が流行っています。還元率・ポイント、利便性等の視点からどの決済が良いのかランキング比較してみました。個人的にはレジでQRを見せるのは面倒くさいのであまり使いたくないのですが、世の中の流れには逆らえないです。

 

1位.d払い(QRコード

還元率:0.5〜1.0%+クレジットカード還元率

リアル店舗でd払いで支払うと、200円(税込)あたりdポイント1pt。インターネットでの利用は、リアル店舗の2倍で100円(税込)あたり1pt。さらにドコモの支払いにクレジットカードを利用していればポイント2重取りになります。
ただし、ローソンでお試し引換券と併用なんかしてしまった時には、店員の方に悪いことした気分になります。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20181009215433p:plain

 

2位.ラインペイ(QRコード

還元率:0.5〜2.0%

ランクによって還元率が変わります。また、2019年7月31日までは常時+3.0%のキャンペーンを実施しています。ただし、チャージは現金からしかできないため、クレジットカードのポイントの2重取りは出来ません。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20181009220519p:plain

 

3位.nanacoFeliCaおサイフケータイ

還元率:1.0%+クレジットカード還元率

nanacoを使って買い物をすると、100円ごとに1ポイントのnanacoポイント(ポイント還元率1%)が貯まります。
また、以前の記事で紹介しましたnanacoリクルートカードを使った公共料金の節約方法があります。
2018年4月16日からリクルートカードの改悪により、月(毎月16日〜翌月15日)に3万円分までしかクレジットカードのポイントが付与されません。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20181009220149p:plain

 

4位.waonFeliCaおサイフケータイ

還元率:0.5%+クレジットカード還元率

waonを使って買い物をすると、200円ごとに1ポイントのwaonポイント(ポイント還元率0.5%)が貯まります。また、クレジットカードによるチャージでは200円ごとに1ポイント(0.5%)のときめきポイントが付与されるため、ポイントの2重取り(計1.0%)が可能です。
さらに、以前の記事で紹介しました株主優待との組み合わせにより、最大で20%OFFでの買い物が可能です。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20181009220533j:plain

 

5位.アマゾンペイ(QRコード

還元率:0%+クレジットカード還元率

今のところオンラインストアでの利用でしか見たことありません。特にポイント還元がある訳では無いので、還元率に関してはアマゾンに紐付いているのクレジットカードの還元率に依存します。
とはいえアマゾンのサービスなので、今後に期待ですね。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20181009220650p:plain