貧乏暇なしのB型ブログ

役に立ちそうなことを気の向くまま

モバイル決済~まとめ~

 最近モバイル決済が流行っています。還元率・ポイント、利便性等の視点からどの決済が良いのかランキング比較してみました。個人的にはレジでQRを見せるのは面倒くさいのであまり使いたくないのですが、世の中の流れには逆らえないです。

 

1位.d払い(QRコード

還元率:0.5〜1.0%+クレジットカード還元率

リアル店舗でd払いで支払うと、200円(税込)あたりdポイント1pt。インターネットでの利用は、リアル店舗の2倍で100円(税込)あたり1pt。さらにドコモの支払いにクレジットカードを利用していればポイント2重取りになります。
ただし、ローソンでお試し引換券と併用なんかしてしまった時には、店員の方に悪いことした気分になります。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20181009215433p:plain

 

2位.ラインペイ(QRコード

還元率:0.5〜2.0%

ランクによって還元率が変わります。また、2019年7月31日までは常時+3.0%のキャンペーンを実施しています。ただし、チャージは現金からしかできないため、クレジットカードのポイントの2重取りは出来ません。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20181009220519p:plain

 

3位.nanacoFeliCaおサイフケータイ

還元率:1.0%+クレジットカード還元率

nanacoを使って買い物をすると、100円ごとに1ポイントのnanacoポイント(ポイント還元率1%)が貯まります。
また、以前の記事で紹介しましたnanacoリクルートカードを使った公共料金の節約方法があります。
2018年4月16日からリクルートカードの改悪により、月(毎月16日〜翌月15日)に3万円分までしかクレジットカードのポイントが付与されません。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20181009220149p:plain

 

4位.waonFeliCaおサイフケータイ

還元率:0.5%+クレジットカード還元率

waonを使って買い物をすると、200円ごとに1ポイントのwaonポイント(ポイント還元率0.5%)が貯まります。また、クレジットカードによるチャージでは200円ごとに1ポイント(0.5%)のときめきポイントが付与されるため、ポイントの2重取り(計1.0%)が可能です。
さらに、以前の記事で紹介しました株主優待との組み合わせにより、最大で20%OFFでの買い物が可能です。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20181009220533j:plain

 

5位.アマゾンペイ(QRコード

還元率:0%+クレジットカード還元率

今のところオンラインストアでの利用でしか見たことありません。特にポイント還元がある訳では無いので、還元率に関してはアマゾンに紐付いているのクレジットカードの還元率に依存します。
とはいえアマゾンのサービスなので、今後に期待ですね。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20181009220650p:plain

マネーツリーvsマネーフォワード

  以前、マネーフォワードというアプリを利用した資産管理方法を紹介致しました。しかし、最近家族が増えたことにより管理する口座数も増え、マネーフォワードの登録可能件数(無料版:10件)では全ての口座を管理できなくなってきました。そこで、類似の資産管理ツールでマネーツリーというアプリが良さそうでしたので比較してみました。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20180925223416j:image

 

1.登録可能件数

マネーツリーの勝ち!

 マネーフォワード:10件(無料)に対してマネーツリー:50件です。マネーツリーにはあまり使わない銀行口座からポイントカードまで気兼ねなく登録出来ます。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20180926211522p:plain

 

2.履歴の保存期間

マネーツリーの勝ち!

 マネーフォワード:1年(無料)に対してマネーツリーは期間の制限がありません。過去との比較ができる点は非常に良いですね。また、昔購入した物とと同じものを購入したい時には、クレジットカードの明細履歴から探す事も出来そうです。

 

3.使いやすさ

マネーフォワードの勝ち!(個人的な意見ですが)

 マネーフォワードは資産運用の補助ツールとして作られているためか、資産の前日比の表示や円グラフでの資産割合の表示があります。対するマネーツリーは家計簿ツールとして特化しており、引き落とし日の通知やポイント有効期限の通知が便利です。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20180926211601p:plain

 

4.結論

 それぞれのアプリに良い点があり、集約する事が難しいので、今後は、マネーフォワードはメインの口座のみを登録して、資産管理アプリとして利用し、マネーツリーはその他のクレジットカードやポイントカードを登録して、家計簿アプリとして利用したいと思います。

 もし、マネーフォワードの料金プランにスタンダードプラン(月額100円ぐらいで)が新設されれば、マネーフォワードで一本化できるんですけどね。

ライン辞めました

 全く話題になってないですが、キャリア純正のメッセージアプリ「+メッセージ(プラスメッセージ)」が利用できるようになりました。

 従来のメッセージアプリとの違いは送信できる情報量が増えたことと料金がデータ通信のみになった点です。プラスメッセージの利用者同士に限りますが。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20180830075236j:image

 

 ラインのグループが面倒臭い、ラインを使いたくない!という方には良いかもしれません。インターフェイスはシンプルで使いやすいです。

 ラインモバイル・ラインペイ等の囲い込みサービス、パケットでの無料通話を使う人には特にメリットはないですね。

 電子決済はおサイフケータイかレジを使わないローソンスマホペイみたいなのが便利だと思うんですが、QR見せるのは面倒臭いですし、ポイントやら決済やらでレジが複雑になり過ぎて、人間が追い付けないです。

 

 ちなみに自分の電話帳登録してる人で使ってる人は5人だけでした。