貧乏暇なしのB型ブログ

役に立ちそうなことを気の向くまま

手数料無料かつ高金利!使いやすいネットバンクまとめ

入出金・振込の手数料無料、コンビニATM使い放題、高金利な短期定期預金などのメリット満載のおすすめネットバンクを紹介します。

なぜネットバンク?

ネットバングとは実在の店舗ではなく、インターネットで取引をする銀行です。現金の入出金にはコンビニ・スーパー等のATMを使い、振込などの取引はネットで行います。いつでも好きなときに、自宅で、残高や入出金履歴の照会ができるので、忙しいとき、天気が悪くて外に出たくない日などは、非常に便利で助かります。また、実店舗を持たないことによるにコスト削減効果により、他の通常の銀行にはないサービスを実現しています。

最近では地方銀行でも高金利な定期預金を出していますが、入出金に手数料が発生してしまい、せっかくの高金利も無駄になりかねません。

ここでは、入出金・振込の手数料無料、コンビニATM使い放題、インフレに強い高金利な短期定期預金などのメリット満載のおすすめネットバンクを紹介します。

1.住信SBIネット銀行

ATMの利用手数料がセブン銀行イオン銀行なら、24時間365日、無料です。ゆうちょ銀行、イーネット、ローソンATMについては、合計で月5回まで無料と普段使いに全く問題ありません。

最大の強みは、他行への振込手数料が月に3回まで無料なことです。オークション落札での振込、奨学金返済の自動振込など様々な用途に使え、他の銀行とは比べ物にならない高サービスを提供しています。

また、金利は1年ものが0.200%、2年ものが0.250%です(2015年7月現在)。もちろん口座開設は無料です。

2.オリックス銀行

こちらも他の金融機関あての振込が月2回までは無料です。月3回目以降もしくは楽天銀行宛ての振込は1回につき432円(消費税込み)が必要です。

オリックス銀行の良い所は超短期の2週間定期預金があることです。なんと利息が2週間毎に受け取れます!しかも超短期の定期預金にもかかわらず金利が0.20%です(2015年7月現在)。

唯一の欠点はオリックス銀行から直接ATMを通じて現金の入出金が出来ないことです。そんな場合には月2回の無料の振込手数料を使って、住信SBIネット銀行を経由してコンビニATMから入出金すれば問題ありません。

ネットバンクのデメリットは?

一番の不安はインターネットを通して情報がもれないか、不正な引き出しの被害にあわないか、という点だと思います。最近はどのネットバンクでもセキュリティの強化に力を入れていますし、被害にあってしまった場合についての保障もあります。

全国銀行協会は「ネットバンクで預金を不正に引き出された際に、銀行に過失がない場合でも、預金者に過失がなければ全額補償に応じる」という申し合わせを発表しています(2008年2月)。

しかしながら、昨今ネットバンクの預金を狙った犯罪が増えています。被害にあわないよう注意してください。