貧乏暇なしB型ブログ

役に立ちそうなことを気の向くまま

UMIDIGI F1(中華スマホ)を買ってみた。

 今回はUMIDIGI F1を購入し、二週間ほど使用した感想を2年前の前機種の富士通 F-01J(発売日: 2016年12月2日)と比較しながらレビューしたいと思います。海外の通販サイトから取り寄せる方法もあったのですが、不良品の場合に返品処理が簡単なアマゾンで購入しました。参考にF-01JのAntutuスコアを載せておきます。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190318222704p:plain

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190317081714j:image

 

 

1.スペック

 主なスペックを下記に挙げました。UMIDIGI F1のAntutuスコアは約13万です。そのため基本的な動作は非常に快適になりました。顔認証・指紋認証も反応が良く、文字入力ですら違いが判るほどです。また保存容量も128GBと前機種では32GB+microSD 32GBに比べても倍増したため、アマゾンプライムの視聴でも気になることはありません。バッテリーも5150mAhとほぼ倍増した事により、丸一日使っても電池切れの心配は無さそうです。総じて、2年前の端末と比べると当然ですが非常に満足できる端末で、中華スマホとして心配されるようなスペック詐欺は無いと思います。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190319211432j:image

OS:Android 9
SoC:MediaTek Helio P60
メモリ:4GB
保存容量:128GB
ディスプレイ:6.3型/19.5:9/ノッチ付き
解像度:2340x1080/FHD+
アウトカメラ:1600万画素+800万画素
インカメラ:1600万画素
バッテリー容量:5150mAh
USB:Type-C 18W充電対応
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n
ネットワーク
4G: TDD-LTE 34/38/39/40/41
4G: FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28A/28B

 

 

2.LTE

 UMIDIGI F1はDSDSに対応しており、ドコモ、auソフトバンクの主要な通信帯域を全てカバーしています。早速、ドコモ本家とUQ mobileau格安sim)のDSDS運用を試してみました。DSDS機種は初めてでしたが、簡単にメインのデータ通信はUQ mobileに、通話はドコモに設定できました。ドコモはsimを挿しただけで通信できましたが、UQ mobileはAPN設定をする必要がありました。詳しい設定については次回にしたいと思います。

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190319184959j:image

 

UMIDIGI F1
f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190318184121j:image

 

F-01J

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190317134647j:image

 

 

3.GPS

 GPSの精度が格段に向上しました。A-GPSGlonass、Beidouに対応しているため、屋外での精度が約15mから3mになりました。使っている人工衛星の数が違います。

 

UMIDIGI F1

f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190318183946j:image


F-01J
f:id:gogogogogogogogogogo5555555555:20190317134807j:image

 

4.総評

 約2.4万円で必要最低限の性能を十分に満たす端末は他には見つけられないと思います。先日発表された約3.6万円のZenFone Max Pro (M2) ですら見劣りするほどです。iPhoneやPixel、Xperiaを使用している方はつまらない機種に見えると思いますが、3Dゲームをしない一般のユーザーはこの程度の機種で十分です。また、初期不良の返品期間を除けばアフターサポートは無いと考えていましたが、カメラやQuickstepの不具合も3/19のワイヤレスアップデートにより修正されました。その他にも細かい不具合があるかも知れませんが、全て自己責任で自己解決てきる方向けになります。自分としてはメイン端末として一年以上使えれば減価償却できたと考えられる機種です。